171106

建設業(ゼネコン)の施工管理がブラックすぎる…。毎日12時間以上・週6日勤務の激務。

ブラックランク

ブラック度:4.56 / 5.00

体験者が悪い!ホワイト企業グレーブラック企業今すぐ労基署!  

クリックで投票!!

9人が投票中


Loading...

体験談を読んで、この企業・職場のブラック度を投票ください。あなたの1票でブラック企業の悪行が明るみに出ます!(★が多い=ブラック企業 / ★が少ない=ホワイト企業)

激務・ブラック業界として有名な建設業(ゼネコン)。施工管理の長時間労働は過酷すぎて、過労で倒れることに…。

ヘッダー画像

体験者
男性・24歳の体験談

建設業の施工管理をやっていましたが、大変な仕事でした。普通の日で朝は6:30に出勤、夜は20:00時に退勤。屋外労働なので、夏はうだる暑さに冬は凍える寒さに耐えるだけでもかなりのストレスでした

 

日中は現場を歩き回って危険がないか安全管理を行い、設計図通りに鉄筋が組まれているか、コンクリートの品質は大丈夫かなどの品質管理で動きっぱなし。

現場の作業自体は、7:00から16:00なので、作業員は16:00になると「お疲れ様っす」と言って帰って行きますが、施工管理はそこからが本番。「定時」が過ぎてから事務所に戻り、次の日のための段取りや記録のために撮影した写真のチェック、書類の作成などを行います。これで20:00に帰れればいい方ですが、日付が変わってから帰ることや、朝は日の出前に出勤することもしばしば。

 

休みはお情けで日曜だけ休ませてもらっているような状態でした。毎日12時間以上、週6日働いていればさぞお給料たんまりもらっていることだろうと思われるでしょうが、残業代は60時間分までしか出ませんでした。なので毎月60時間程度、賃金という対価がもらえない仕事をしていたことになります。

最終的には過労が原因で病気を患い、退職しました。

 

「セコカンは現場作業が終わってから仕事開始」は本当だった。週6日12時間労働はキツイ・・・。

みんブラ事務局
みんブラ事務局の所見

建設業(ゼネコン)の施工管理がブラックな話は結構聞きますけど、異常な長時間労働ですね・・・。業界全体でどこの会社でも施工管理ってこんな感じなんでしょうか?。相当キツイ仕事ですね。

まあ、求人サイトでも建築の現場監督はよく見かけます(給料は悪くない)し、離職率も高いのでしょうね。

どこの業界でも所謂、事業責任者・現場監督みたいなポジションは負担が重く長時間労働が強いられているイメージがありますけど、建設業はその代表ともいうべき業界なのかも。

 

建設業界のここ30年の市場規模を見ても明らかに斜陽産業ですし、人口減の日本・住宅余りの状況で今後も期待できなさそうですし(今、盛り上がってるのって、ただのオリンピック特需でしょ?)。「日本の古臭い業界代表」みたいな感じですから、どこ行ってもこんな勤務状況ならば、もう他の業界に転職した方がよいのではないかと思います。

 

 

コメント欄の平均ブラック度:
コメント規約

・広告、犯罪に関する内容、他人が不快になる誹謗中傷コメントは、書き込みは禁止です(削除させていただきます)。

・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)、サイト運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。

・投稿者は、サイト運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。

建設業(ゼネコン)の施工管理がブラックすぎる…。毎日12時間以上・週6日勤務の激務。”に対して1件のコメント

    akihiko

    (2017年11月8日 - 1:51 PM)

    施工管理ってこんなにヤバいんか・・

    5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が一定文字数含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)