171003

月残業200時間の過酷な長時間労働が日常。もちろん残業代はゼロです。

ブラックランク

ブラック度:4.80 / 5.00

体験者が悪い!ホワイト企業グレーブラック企業今すぐ労基署!  

クリックで投票!!

10人が投票中


Loading...

体験談を読んで、この企業・職場のブラック度を投票ください。あなたの1票でブラック企業の悪行が明るみに出ます!(★が多い=ブラック企業 / ★が少ない=ホワイト企業)

時間外労働が月200時間がデフォルトなのにサービス残業という超絶ブラック企業。

ヘッダー画像

体験者
女性・34歳の体験談

時間外労働が月に200時間を越えても残業代が一切でないというブラック企業に在籍していたことがあります。時間外残業が200時間というと、驚く人が多いかとは思いますが、一日4時間程度の残業と土日にどちらか出勤すると、案外簡単に200時間は達成します。

ノルマの厳しい営業職などの場合には、200時間程度の時間外労働を経験されたことのある人もいるかもしれません。

 

しかし、これで残業代が皆無で、恒常的にこの状態の環境はなかなか過酷です。このような環境の職場は、上司も早く帰らないため、部下が帰りにくいこともひとつの原因です。あとは上司が話好きで仕事中でも関係なく、無駄話に付き合わされることもあります。

ある日、ふと残業代がもらえた場合を計算してみたところ、月給が倍増するかもしれないという金額が算出できて、一瞬楽しい気分になりました。残業代がもらえたらヨーロッパ10日間の旅行も良いな。と、お風呂に浸かりながら、眠りそうになったこともありました。

 

世間一般では立派なブラック企業の利点と言えば、とにかくネタになること。それから、同僚同士の絆は必要以上に強固になり、戦友という扱いになるので、アイコンタクトという特技も身に付きました。

 

月100時間を超える残業でも過労死や鬱病・自殺のリスクがあるのに、月200時間はもう異次元の世界。

みんブラ事務局
みんブラ事務局の所見

所謂、「過労死ライン」と言われている残業時間が「80時間」です。これを越えると、過労死や健康障害が発生したり、心の病や自殺などのリスクが増えると言われています。しかし、この時間をはるかに超える残業が日常化している会社も少なからず存在します。この体験談の事例は残業月200時間と、限界に近いレベルですね…。

しかも、この残業が恒常化していて、残業代も出ないとなると、かなり酷いレベルのブラック企業だと思います。

 

気になるのは体験者さんの発言です。「案外簡単に200時間は達成します」「一瞬楽しい気分になりました」「ブラック企業の利点と言えば、とにかくネタになること」などなど、感覚が壊れかけていないか!?大丈夫かな・・・。

もしくは、ハイテンションになっているのかもですね。私も長時間勤務を経験したことがありますが、確かに仕事の充実感からハイテンションになったり、逆に楽しくなったりする瞬間があるのは事実です(認知的不協和の解消行動?)。でも、それって一瞬だけで、確実に体に負担が蓄積しているんですよ・・・。

 

 

コメント規約

・広告、犯罪に関する内容、他人が不快になる誹謗中傷コメントは、書き込みは禁止です(削除させていただきます)。

・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)、サイト運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。

・投稿者は、サイト運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。

月残業200時間の過酷な長時間労働が日常。もちろん残業代はゼロです。”に対して1件のコメント

    Ran Ran

    (2017年10月3日 - 10:20 PM)

    残業200時間って・・・・・・ニュースになるレベルの話では!?

    こわいなあ。命あっての物種ですからね。

    世の中からブラック企業がなくなってほしいものです。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が一定文字数含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)