181120

私は”うつ病”でクビになりました。悪化する症状、切り捨てる会社、詰んでいく人生。

ブラックランク

ブラック度:4.88 / 5.00

体験者が悪い!ホワイト企業グレーブラック企業今すぐ労基署!  

クリックで投票!!

17人が投票中


読み込み中...

体験談を読んで、この企業・職場のブラック度を投票ください。あなたの1票でブラック企業の悪行が明るみに出ます!(★が多い=ブラック企業 / ★が少ない=ホワイト企業)

気が付かないうちに段階的に悪化していく鬱病。診断・入院後、突き付けられた退職届。現在はハロワ通い。

ヘッダー画像

体験者
男性・48歳の体験談

私が実際に体験したブラック企業とブラック上司の体験談です。

私はある工場で事務仕事を担当していたのでしたが、「やる気があるならば、早く出社してくるはずだ!(よく分からない精神論)」と、出勤時間より早い時間の出社をほぼ強制的に指示されました。早出分は給料がでません。それだけではなく、終了時間を過ぎても働かされ、こちらも残業代が出ずです。

上司からは「早く帰れよ」と言葉では言われますが、仕事はどんどん溜まっていきます。無茶な仕事量で、1人ではどうしようもないので、家へ持ち帰り、寝るのはいつも2時~3時です。規定の業務開始時間は8時30分ですが、7時30分にはデスクに座っておかないといけませんので、6時には起床する必要があります。残業代がその分出るのであれば、文句は出ないと思いますが、昇給は年に1回のベースアップのみです。給料は上がらないのに役職だけ付けられて、仕事と責任だけが重くのしかかってくるような状況です。

辞めていくパートさんが1人また1人と続いていきます。あわせて、社員も1人また1人と続いていきます…

 

直属の上司には事務担当が1人のみだったので、もう1人追加採用をお願いしたのですが却下され、仕事はいっこうに減りません。

今思えば、この頃から「怒り」より「あきらめ」が強くなってきた気がします。だんだんと「うつ」の症状が現れ始めていたような気がします

それから、部署が異動になり、仕事量は少しは良くなるかと思いきや、工場と本社の板挟みにあい、別の部署からの仕事も振られるようになってしまいました。この頃になると、動機・息切れ・手が震える・歩くとめまいがする等々、色々な症状が出るようになっていました限界が来たのでしょう

思い切って一番信頼できる上司へ相談しました。その後、すぐに病院へ診察・診断を受けにいきました。診断書では重症のうつ病ということでした。即入院が妥当でしょうとのことでした

 

すんなりと入院を許してくれた会社に一時は感謝したのですが、退院後に会社へ復帰願いをお願いしたところ、出されたのは自己都合による退職届にサインしてくれとのことでした。愕然としました

まさに、ブラック企業の所業だと思います。会社は退職となり、現在はハローワークに通わなければならない日々を送ることになりました。

 

突発性難聴・胃痙攣・うつ病で退職→会社の同僚「うつになるなんて甘えてるよね(笑)」。社員の質が最悪なブラック企業。

体験者
女性・32歳の体験談

私が勤めていたのはブラック企業として有名な会社でした。元々は派遣で裏方の仕事をしていたのですが、店長から「よかったらこの店の店員になって欲しい」と言われ。派遣を退職。移動した形です。

その店長は店員からかなりの信頼を受けていて、カリスマ性があり、そんな店長からヘッドハンティングされた私は同僚からかなりの怨みを買いました。

 

まずは裏方から仕事に入るのですが、私が同僚に分からないことを聞くと「そんなこともできないの?」という態度で嫌々教えてくれる、途中までしか教えてくれないなどザラでした。店長が私に話しかけてくれると「えこひいきだ」などと陰口を叩かれました

しかしながら、私も店長のことを尊敬していたので、仕事は我武者羅になって覚えていきました。

 

そんな店長の突然の移動辞令…。店長の移動祝いにと飲み会が開催されることになり、私も参加することとなりました。会場で席につくと隣に座っていた先輩が「あんたの隣嫌だから」と言って席を立ってしまいました。私は唖然とするほかなかったです。

元々同僚たちとのコミュニケーションがうまくいっておらず、その日私は店長に挨拶とお礼を述べ帰りました。イジメがさらに酷くなったのは店長が移動した直後からでした。

小さなミスをするとフロア全体に聞こえるような大きな声で怒鳴られる。してもいないミスを、朝礼で「あなただけは頑張ってね」と全員の前で言われる。

店員同士のコミュニケーションカードを破り捨てられる。私がお客様対応でいっぱいいっぱいになっても誰も見て見ぬふり。

 

仕事自体は大好きだったので、頑張っていたのですが、ストレスで突発性難聴と胃痙攣をおこし休養をとることにしました。その間、店員同士のグループラインで「やっぱ使えないよね。店長も人選ミスするんだね」と書かれたときは、悔し涙でいっぱいになりました

身体が治っても起き上がる気力が湧かず、おかしいと思って精神科を受診したところ「うつ病」と言われ、退職することとなりました

最後に制服などを返しに店舗を訪れた際、「うつになるなんて甘えてるよね」と笑われたことが今でも忘れられません

 

その後、投薬治療を続けうつは寛解したのですが、そのお店の前を通ると動機、吐き気に襲われる事態が2年以上続きました。

チェーン展開のお店なので、一連の事件があった後、その店舗は利用していません。

私が勤めていた間にも、「なんか暗そうだから」という理由でイジメに遭い辞めていった人が4,5人いました。一口にブラック企業といっても、勤めている人間の質が一番重要なのだと思わされた出来事でした。

 

体調を崩して倒れた社員は、用無し・使い捨て。社員の権利を無視して、傷病手当を拒否。

ヘッダー画像

体験者
女性・27歳の体験談

私の働いていた会社の上司はブラック上司だったと思います。私は新卒で入社をしたのですが、最初の頃はとても優しい先輩や上司に囲まれて、とても楽しく仕事をすることができていました。しかし、営業という仕事柄もあるのか、ストレスが重なり、パニック障害とうつ病を発症してしまいました。

 

病気を告白したら上司、先輩も心配してくださって、「しばらく有給消化してお休みして、しっかり治して」というふうに声掛けをしてくれたのですが、徐々に有給もなくなり、休職という形になりました。そこまできたら、私は新卒でお得意先も少ないですし、おまけに病気で仕事ができなくなったことで、用無しとなったのでしょう。休職手当てを出す会社側も私に冷たい目を向けるようになりした。

しかし、私も病気になった責任はありますし、上司や先輩が冷たくなってしまうのもわかりますが、私は社員の権利として、休職手当てをいただきながら、しっかり病気を治し、復帰するつもりだったのですが、本社から、人事部長、総務、そして働いてた支店の支店長による面談が行われ、そこで退職が良いのではないかと言われ続けました。

 

新卒の私にとっては、会社のお偉いさんたちに囲まれて、辞めろと言われたら断ることができず、誘導されるがまま退職となりました。私が「退職します」という言葉を口にしたら、上司たちは嬉々として退職の準備を始めました。そして退職日に挨拶に回ったら、先輩方に無視されました。

とても働きにくい会社でした。社員を大切にできない会社はお客様にいい営業ができるとは思えません。そして、社員の権利を無視する会社も、本当に許せません。こんな会社が世の中から少しでも減ることを祈るばかりです。

 

ストレスで不眠・うつ発症。休職願いも拒否され退職を勧められる。医者も激怒するブラック公務員。

体験者
女性・28歳の体験談

私は地元で公務員をしていたのですが、その職場がとてもひどい環境でした。

地方の極めて小さい町でしたので、絶対的に職員数が不足していて、他の地域で10人で対応する仕事内容を、ひとりで受け持つ状態でした。公務員だから定時に帰ることができると思われがちですが、そんなことは一切なく、忙しい部署に配属されると、日付を超えてから帰宅することがままありました

また、残業代の申請は難しく、日々の業務が膨大で、さばききれずに残る場合は、すべてがサービス残業となりました

 

そんな中、災害が起き、役場にはたくさんの避難者が連日訪れたのですが、職員は、日中には普通に仕事をし、夜は寝ずに避難者のお世話をすることになりました。

特に私は障害福祉担当でしたので、社会生活が困難な方のお世話をしなければならず、心も体も休まる時間がありませんでした。

 

このことで不眠になり、その後うつ病を発症したのですが、休職願いも最初は受け入れてもらえず、復職を希望した際も、遠回しに辞めるよう説得されました

体調が安定するまで合理的配慮をしてほしい旨を、精神科医の先生を交えてお願いしたにも関わらず、完全に鬱が治るまで出てくるなと言われました。(完全に鬱が治ることは難しいため、精神科の先生がその場で激怒しました。)

 

結局、職場に見切りをつけて退職しましたが、その後も私のように多忙が原因で鬱になり、続々と退職者が出ており、なんてひどいところだったんだ、とホワイト企業に転職した今思い返すとゾッとします。

 

労働者のメンタルヘルスの安全配慮義務を放棄。度を越した罵倒・人格否定で精神的に参り休職。

体験者
男性・26歳の体験談

新卒採用で200社以上受けて落ちた末に、障害者雇用でとある第二地銀に入社して1年、当初任されていた管財業務の仕事も順調となったところで突如として『お前はPCが得意だというし、今日からこの仕事に配属だ』という事で本来の業務にはなかった庶務・経理管理の作業を任されるようになった。

新規に行う仕事であるが、上司からの指導がないが、指導役からの仕事を行っていると『帳簿の数字が合わない』から始まる罵倒と度を越した人格否定の毎日で『こんな事は小学生でもできる』『大学出ているのにこれかよ』などと言われた。

 

また、その上司から障害者雇用という事を考慮せずに適性を無視した業務内容を押し付けられてますます精神的に参ってしまい、最終的には閉鎖状態の書庫の中で一日中書類整理をすることとなった末に精神科医から鬱病の診断を受けて休職

半年後に復職するも上司も業務内容も変わらず、業務内容の中で上司からの罵詈雑言などのトラウマを思い出す状態が日々続いた末に復職してすぐに再度休職の末に会社を退職することとなった。

 

現在も医師に処方された精神安定剤を飲みながら求職活動を続けているも、トラウマを思い出す事もあり一番職種として多い事務職には就職できないというのが実情である。

 

これが悲しき日本の奴隷社会。長時間労働でこき使われ、倒れると切り捨てられ、徐々に復帰も難しくなる…。

みんブラ事務局
みんブラ事務局の所見

本当に酷い体験談です・・・。

 

労働安全衛生法に従い、会社側には労働者のメンタルヘルスを維持すべき努力義務がありますし、マトモな会社なら就業規則に休職・復職規定が明記されています。通常は社員が体調を崩して倒れたときには休職に入るわけですが、休職期間中の労働条件・休職期間の限度日数・復職判断などは、就業規則に書かれているはず。

そして、病状が業務に耐えられないと認められた場合でも、会社側は直ちに解雇することは出来ません。休職期間満了まで療養したが、回復せず、今後の労務提供が厳しい場合にのみ自動退職とすることができます。

しかし、現実では本体験談のように「諭されて」退職に追い込まれてしまう場合があります。

 

「うつ病(鬱病)」は最も有名な精神疾患かもしれません。既に日本人の十数人に一人が鬱病ではないかと言われており、70%以上が心療内科などに受診していないということですから、潜在的にうつ病で苦しんでいる人もたくさんいるでしょうし、自ら命を落とすことになってしまった方々のうち、多くの方がこのような疾患にかかっていた可能性があります。

うつ病の原因は色々あると思いますが、やっぱり「仕事のストレス」が第一に挙げられるのではないでしょうか?。日本の企業は、本体験談のように、長時間労働やパワハラなどの劣悪な職場環境の会社がたくさんありますから…。

陰湿な社内いじめで鬱病発症。パワハラ・モラハラを放置している会社。

営業vs開発で明暗。花形部署の休み無し長時間労働で、うつ病、休職、転落…。

 

そして、ブラックな企業に限って、散々こき使っておいて、社員が倒れ壊れるとバサっと切り捨てます。会社側は「ゆっくり休んで病気を回復して」と表向きは言いつつ、裏では面倒になった社員をどのように捨てようか考えていますから。とはいえ、ストレス元=仕事ですから、会社が言う通り、休職しないと病状は回復しないというジレンマに陥っちゃうわけですね。

そして、うつ病は再発もしやすい病気ですし、転職先の企業も敬遠するので、うつ病での再就職・復帰は非常に難しくなってしまうということです。さらに40代以降など高齢になってしまい鬱病持ちとなってしまうと、再就職は難しい→無理に限りなく近くなってしまうのが実状ではないでしょうか?。

もちろん、本来は労働者の権利を主張し、闘うべきなのですが、病気に倒れ心も弱っている人間には難しい場合もあるかと思います。そのような弱っている人間に対して、休職手当て惜しさに退職を諭すような会社はロクな会社ではないかと思います。表向きは「しばらく有給消化してお休みして、しっかり治して」と優しく振舞っていても、いざとなったら冷たく切り捨てるのがこのような会社にありがちな対応です。

 

このように奴隷のように酷使され、使い物にならなくなると、平気で捨てられてしまう状況が容認されてしまっているのが、今の日本の腐った社会です。

とにかく、うつ病の気がある方は早めに診察して、ヤバイ企業は早めに抜け出すことが大事です。健康を損なってしまうと、今の日本の社会ではリカバリーすることが難しいですから、人生が詰んでしまう可能性もあります。

 

 

ブラック度: 5
辞めましょう

ブラック企業から抜け出すことを諦めていませんか?

「辞めさせてくれない…」「人手不足・引き継ぎを口実に引き留められる…」「上司や社長に退職を伝えづらい…」「もう会社に行きたくない!上司・同僚の顔も見たくない!」。こういうブラック企業の被害者が「退職代行ニコイチ」でドンドン抜け出しています。追加料金なしの「業界最安値28000円」で面倒な手続き/交渉は全てお任せできます。

 

ブラック企業はあなたから全てを奪っていきます。あなたの人生・健康・友人/家族との時間、そして笑顔を取り戻しましょう。

退職代行ニコイチ

コメント規約

・広告、犯罪に関する内容、他人が不快になる誹謗中傷コメントは、書き込みは禁止です(削除させていただきます)。

・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)、サイト運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。

・投稿者は、サイト運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。

私は”うつ病”でクビになりました。悪化する症状、切り捨てる会社、詰んでいく人生。”に対して1件のコメント

    匿名

    (2018年2月11日 - 2:22 PM)

    会社は利益ばかりで社員を守ってくれない。社長や上司に訴えたところで何も変わらない。労働基準監督署に言っても動いてくれない。結局体を壊す前に辞めるしかない。

    ブラック度: 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が一定文字数含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)