171021

意識高すぎる系上司の無双乱舞で、部下がストレスでバタバタ倒れていく…。

ブラックランク

ブラック度:4.00 / 5.00

体験者が悪い!ホワイト企業グレーブラック企業今すぐ労基署!  

クリックで投票!!

5人が投票中


Loading...

体験談を読んで、この企業・職場のブラック度を投票ください。あなたの1票でブラック企業の悪行が明るみに出ます!(★が多い=ブラック企業 / ★が少ない=ホワイト企業)

勉強熱心な上司が部下に読書・課題を強要。ストレスで倒れる部下も…。上司が来ただけで職場は緊張感で凍りつく…。

ヘッダー画像

体験者
女性・30歳の体験談

以前働いていた、コールセンターの上司(40代男性)がブラックでした。

そこは観光関係のコールセンターで、お客様からの問い合わせに答えるのが主な仕事でした。オペレーター達は全員派遣社員で、その中でも優秀な人達はリーダーというポジションにつくことが出来ました。リーダーの仕事は電話を取る以外に、上司の補佐、他のオペレーター達の指導が主な仕事でした。

 

業務に慣れてきた頃、私もリーダーに昇格し、上司と関わる機会が一気に増えました。上司は気分屋で自分が気に入らないことがあると、理不尽なことでも人前で怒鳴り散らしました。相手が男性でも女性でも関係ありません。「首から上のものを使ってよく考えろ」「頭悪いなあ」など、他のオペレーターの前で私も怒鳴られる機会が増えました。

事実、上司は仕事の経験年数が長く、仕事が出来る人だったので私は自分に能力がなく要領が悪いからダメなんだと思うようになっていました

上司が部屋に入ってくると、職場は緊張感で凍りつき、みんなシーンとなりました

 

その上司は本を読むのが趣味で、ハーバード大学出身の人が書いた本や、マッキンゼーに勤めている人の仕事のやり方などが書かれたビジネス本を特に熱心に読んでおり、職場に自分で本棚を作って並べていました。私たちリーダーにもそれらを勧め、読むようにと貸してもらうことも多かったです。

その頃は「勉強熱心な人だな」と思い、素直に本を受け取って読んで感想を伝えていました。リーダーと上司は日頃の業務に加えて、週1回ミーティングをしていました。初めは業務に関わることを話し合っていたのですが、ある時から課題が出される様になりました。

「自分の興味のある本を毎週1冊読んで、その要約と感想をA4用紙1枚にまとめて提出して下さい」

毎週期限が設けられており、必ず提出せねばなりませんでした。週5日フルタイムで働きながら毎週本を一冊読んで要約と感想を出すのは大変な作業でした。やってきた課題は次週のミーティングでみんなの前で発表し、上司が講評をするというシステムでした。上司曰く、今後ビジネスのいろんな場面で活かせる要約力を身につける為の練習とのことでした。初めの1回だけチャレンジしましたが、読書も特に好きではない自分にとって、とてもストレスが溜まる作業でした。

 

その頃、ダブルワークで別の仕事もしていた私はそれを理由に時間がなく課題が出来ないことを伝え、はっきりと断りました。散々嫌味を言われましたが、最終的には課題をしなくても良いと認められました。他のリーダー達は真面目に課題提出を続けていました。

私の同僚の一人は一児の子供を持つお母さんでしたが、家事、育児の合間をぬい睡眠時間を削ってまで課題を提出していたところ、ストレスで難聴になりました。他の男性の同僚は、人一倍普段から怒鳴られていたことも相まって、円形脱毛症になりました。私も出勤する度に緊張感やストレスで頭痛がすることが段々増えました

派遣元にもやんわりと相談しましたが、長く勤め、唯一職場のことを把握しており頼りになる上司のことを無下に出来ないのか、話だけは聞いてもらえましたが、対策は特に何も講じてもらえませんでした。週1回の課題以外にも、毎日の業務に別の課題が組み込まれるようになり始め、とうとう私は限界を感じ、退職を決意しました。

他のリーダー達も次々に退職を考え相談し始めたところ、やっと派遣元が動き始め上司にも急遽面談を行なっていました。そのまま辞めてしまった為その後どうなったかは知りませんが、私の初めてのブラック上司体験談でした。

 

天才・超人レベルの優秀上司を相対的基準にすると、部下はついていけず、チームが崩壊していくっていう話。

みんブラ事務局
みんブラ事務局の所見

私の会社にもいるんですよね。技術者なんですけど技術レベルが広く高くて、さらに営業もできて顧客にも信頼されている。趣味は読書とセミナー参加で業界外のビジネス知識も豊富で、経営からも注目されている。当然仕事でも結果を出している。しかも、どうやら副業もやってるようです。一体、いつ寝てるんだ???。唯一の欠点はちょっと太ってるところと貧乏ゆすりくらい(笑)。

ところが、意外なことに、彼の部下に入った新人たちはみんな辞めていくんですよ。

 

このような超人上司・天才上司は、普通の人には到底出来ないことを平然とこなすので、「部下も当然出来るだろう」と高難易度の仕事を押し付けがちです。

さらに、所謂「意識高い系(中身がないのに口ばっかりの人たち)」と異なり、「意識高すぎる系」上司は中身が伴っているがゆえに、部下は「上司は出来てるのに俺は出来ないのは、自分に能力がなく要領が悪いからダメなんだ」と自信を無くしがちになるんです。本体験談はそういう話ですね。

以下でも書きましたけど、プレイヤーとしての能力とマネージャーとしての能力って別なんですよ。

上司への「忖度」の度合いで評価が決まるのは当然!お客様を見て仕事したらアウト!

 

プレイヤーとしては結果が出せなかったけど、部下の抱えてる問題点をうまく引き出して解決できたり部下に礼を尽くして指示ができる上司の方が、逆に部下がプレイヤーとして伸びたりするんですよね(サポートに徹することができるマネジメント能力が高い上司)。まあ、プレイヤーとして結果が出せないと出世できないので、こういう良い上司にはなかなか巡り合えないわけですが…。

逆に本体験談のような、プレイヤーとして能力が高いが、マネージャーとして能力の低い上司に当たってしまうと、部下は誰もついていけず、壊滅することになるんです・・・。

 

 

コメント規約

・広告、犯罪に関する内容、他人が不快になる誹謗中傷コメントは、書き込みは禁止です(削除させていただきます)。

・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)、サイト運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。

・投稿者は、サイト運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が一定文字数含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)