171015

職場の老害部長「やったじゃん!寿退社!」「インフルエンザでも出勤した俺スゴくない?」

ブラックランク

ブラック度:4.80 / 5.00

体験者が悪い!ホワイト企業グレーブラック企業今すぐ労基署!  

クリックで投票!!

10人が投票中


Loading...

体験談を読んで、この企業・職場のブラック度を投票ください。あなたの1票でブラック企業の悪行が明るみに出ます!(★が多い=ブラック企業 / ★が少ない=ホワイト企業)

昭和かよ?。時代錯誤の男尊女卑、セクハラ、不健康自慢・・・。呆れて何も言えないバブル世代の老害部長。

ヘッダー画像

体験者
女性・31歳の体験談

前職の部長が特にブラックでした。バブル時代には社会人だった年齢なので、長時間勤務はどんなに無駄でもハードワークの象徴のような雰囲気の会社でした。男性は営業職のみ勤務可能で、女性は事務職と事務所内の掃除を担当という時代錯誤さでした

具体的にはサービス残業の強要や休日出勤があり、断るのにも上司が納得する理由が必要でした(冠婚葬祭や家族行事等)。残業代が多くなってくると「朝早く出勤しろ」と言ってくるので、若い男性がどんどん辞めてしまい、結局新しい考え方等は定着しない会社でした。

 

冬は部長自らインフルエンザでも出勤してくる事もあり、「ドクターストップかかっているのに出勤した俺すごくない?」と部下に言って回る始末です。営業職の男性は反論できないので、見かねたベテラン女性事務員が人事部と総務部に抗議をして帰ってもらいました。マスクは常に箱で常備です。

仕事の指示もいつも抽象的で、「もっと楽しい事しようよ」の口癖には笑いをこらえるのに必死です。しかし企画提案は基本否定されて終わりです。気に入らないと大声で怒るので、仕切りのない小さな事務所全員に内容がバレます。

女性の容姿やプライベートな質問も多いので、20代前半の事務員さんはドン引きです極めつけは結婚が決まったベテラン女性事務員さんに退職を勧めていました。「やったじゃん寿退社!」と。その会話を聞いた時に退職届の書き方を検索しました。

 

大学はパワハラ・セクハラの温床!?。老害教授と二人だけの閉鎖的環境で仕事することになった体験談。

体験者
女性・36歳の体験談

私立大学の教授秘書をしていました。その教授がパワハラタイプの人で、日々、暴言を吐かれました

前任者もパワハラに耐えかねて、辞めた過去があり、その事実を知ったのは働き出してから同僚から聞いたものでした。

 

職場も一対一で、閉鎖的な環境だったために、他の人にこの状況を知られることがなく、つらい思いをしました。上司に相談しても、教授には逆らえない状況の為に、私が我慢するほかありませんでした。派遣社員で行っていたので、契約が半年だったため、半年で辞めました。

大学教授という人物は先生、先生と崇められているために、自分の天下だと思い、態度も傲慢になっていくのだと思います。準教授も暴言を吐かれており、耐えているところをみたことがあります。

女子大であったために、女子大生に囲まれて、鼻の下を伸ばしている気持ち悪い人でした。セクハラにあった生徒もいたとも聞いています

 

その生徒も他の教授に相談したけれど、加害者である教授が権力を持った立場であったがために、訴えることもできず。泣き寝入りしたらしいです。

この事実を2ちゃんねるで書き込もうと思ったくらいでしたが、自分がばからしく思えて辞めました。おそらく、また、同じような思いをしている人がいるでしょう。

 

時代についていけない会社・上司は社会から排除されていくだけです。老害化企業はスルーして、転職で他行きましょう。

みんブラ事務局
みんブラ事務局の所見

ええー!まだこんな人が会社にいるんですね・・・。

容姿やプライベートの質問とか平気でセクハラ行為をする上に、「結婚」=「寿退社」と決めつけって…。既に専業主婦世帯は激減していて、10年後には1割以下になるとか予測されてる時代なんですけど・・・。しかも、インフルで出勤して不健康自慢とか、おバカさんなのかな?。周りに移ったらとか考えないんでしょうね・・・。

はっきり言ってしまうと「頭が悪い」んだと思います。行動もおバカさんですし、時代の変化とかをキャッチできるだけの知能がないんでしょうね。こういう人を未だに部長に置いているような会社に将来性はないと思いますし、変化の激しい時代、こんな老害化企業は排除されていくだけです。

早めに退職届の書き方を検索したのは正解だと思いますよ~。

 

後者の体験談もひどい…。仕事場が大学の場合、こういった体験談は多そうな気もします。

老害の原因は慢心と思考停止です。そして、以下の体験談のとおり、老害にはパワハラ・セクハラが漏れなく付いてくるのが迷惑なところです。

セクハラ・パワハラ事例3選。中小ワンマン社長の特徴=ガキ大将。

 

 

ブラック度: 5
コメント規約

・広告、犯罪に関する内容、他人が不快になる誹謗中傷コメントは、書き込みは禁止です(削除させていただきます)。

・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)、サイト運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。

・投稿者は、サイト運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。

職場の老害部長「やったじゃん!寿退社!」「インフルエンザでも出勤した俺スゴくない?」”に対して2件のコメント

    老害反対

    (2018年5月2日 - 6:43 PM)

    同じような経験があります。ここまで酷い職場があるものか、と驚かされたところがあります。

    事業主はいわゆるあれな人達です。そんなあれの人達の好き嫌いによって採用され、または、簡単に解雇されるのです。あれな人達とは、解雇という概念が基本的にない人達です。緩い体質の人達ですね。

    解雇されるにあたっては、色々な要件を備える必要があるといわれています。しかし、その職場は、一旦事業主に嫌われたら、執拗に事業主から嫌がらせを受けて自己都合退職まで追い込みます。大体はここでみんな体調不良などを理由に辞めていきます。かわいそうに。

    それでやめたら事業主の思い通りにことが進んでいき、ラッキーとなります。自己都合で辞めない場合は、さらに執拗に事業主が嫌がらせをします。

    ここまできたらもう我慢比べです。我慢比べと言いつつ、辞めない労働者は解雇されます。もう来なくていい!と言い切るのです。

    勤続年数が一年続いた労働者はいないと思います。たとえやる気があっても、事業主の都合によりどんどん辞めさせられます。今時、こんな職場があるのかと思われるかもしれませんが、本当にあるのです。

    事業主が好き勝手やっていいという側面もあるでしょうが、労働者を事業主自身の感情で懲らしめる職場…どうなんでしょうか。

    ブラック度: 5

    akihiko

    (2017年10月15日 - 10:53 AM)

    完全に老害。頭が悪い上に寂しがりなんだと思う。周りからすると人災。自分が将来こんな老人にならないようきをつけたい

    ブラック度: 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が一定文字数含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)