171019

月400時間労働・休日なし・説教でボロボロ…。上司「お前らはいいなぁ!仕事学ばせてもらえて」

ブラックランク

ブラック度:4.50 / 5.00

体験者が悪い!ホワイト企業グレーブラック企業今すぐ労基署!  

クリックで投票!!

8人が投票中


Loading...

体験談を読んで、この企業・職場のブラック度を投票ください。あなたの1票でブラック企業の悪行が明るみに出ます!(★が多い=ブラック企業 / ★が少ない=ホワイト企業)

飲食業の地獄のような長時間労働。事業拡大でどんどん残業や早出が増え、パワハラ上司のイライラも爆発…。

ヘッダー画像

体験者
女性・25歳の体験談

私が専門学校を卒業して、初めて正社員として務めた飲食業での話です。

朝は始発電車に乗って6時に出勤し、帰りは終電で日付を超えて帰宅。それを週6で勤務しているだけでも身体はボロボロなのに、忙しいシーズンは休日もなし、誰がが体調を壊せば代わりに休みを返上…。

それでも上司は「仕事を学ばせてもらって、更にお金をもらえるなんてお前らはいいなあ!」と飄々と言っていました。

 

お店の売り上げのために、仕事の量は増すばかりでした。それでも「仕事が終わらないのはお前らの能力が低い!効率が悪い!」と言うのです。上司のイライラが募れば、ただでさえ時間のない毎日なのに、2時間でも3時間でも従業員は作業をやめてお説教を聞かなければなりませんでした

二年間勤めあげましたが、一向に状況がよくなることはありませんでした。

 

私が採用されたのは、都内のケーキ屋さんの製造でした。様々な事業を展開する会社が運営している中の一つでした。私が正社員の雇用の際に会社からもらった書類には「8時~21時(8時間のシフト勤務)」と書いてありました。

ところが、いざ仕事が始まってみると…「新人なので朝一番にきなさい。」と上司に言われて、素直に8時に出勤する先輩よりも早く出勤することにしました。しかし、先輩と時間通りに来ても仕事は一向に終わりません。終わらなければ帰れない。21時以前に帰れることは、まずありませんでした。

上司も私たちが残っていれば、先に帰れないという思いからなのか、次第に顔つきが変わっていきます。上司の無言の圧が、従業員にかかります。爆発すれば、また何時間もお説教の時間になります。やむ負えず私と先輩はそれぞれ一時間早く出勤しはじめました。

 

そんな毎日を過ごしていると次第に従業員が増え、仕事の負担も少しづつ軽減されるように思っていました。しかし、従業員が増えれば上司はまた新たなことを始めます。もちろん売り上げの為です。お店の営業時間が、21時までだったものが、23時までに変わりました。そして商品数も大幅に増え、仕事は一向に終わることはありませんでした

更に勤務して一年がたったころ、新人であった私は朝早い仕込みを任せれることになり、更に一時間早く出勤するようになりました。帰りも自分の仕事は終わっても、先輩方より早く帰ることはできませんでした。状況的に余裕もなかったし、みんな自分のことで精一杯でした。

「早く来た人は、早く帰る。」と上司は時折いうものの、夜どんな時間になっても「帰っていいよ。」と声をかけてくれる人は誰もいませんでした。

 

給料は飲食業にしては悪くはなかったと思います。賞与も社保もあり、一見なんの問題もありませんでした。

しかし時給に換算すれば、従業員は時給500円以下でした。月の勤務時間は300時間超えなど当たり前で、400時間を超えることもざらにあったからです。出勤退勤で一応タイムカードをうっていたものの、給料明細に総合出勤時間が記載されていることは一度もありませんでした。

 

ブラック化・長時間労働化し続ける飲食業界の闇。自動化・効率化で勤務状況が改善できないのか?

みんブラ事務局
みんブラ事務局の所見

飲食業界の長時間労働に関する体験談って非常に多いです。働きたくないですねぇ・・・。

正社員で時給500円の有名パン屋。暴力社長の一言「社員とは家族のような関係でありたい」

飲食店で働くのはやめておけ。1日18時間労働+休みは週1という驚異の勤務体系。

 

このブラックな飲食業の状態ってどうにかならないんですかね?。

私は今後の飲食店は2極化すべきだと思います。

 

1つは庶民向け低価格路線です。メニューを定型化し、人工知能・ロボットを活用して完全自動店舗にし、人件費は極限まで削減するというスタイル。マクドナルドは既に無人オーダー機を試験導入していますし、Amazon GoではIoT(センサー)を活用したレジなし無人スーパーを始めたりしています。工場のラインのようなお店になるでしょうが、人間が激務で悩まされることはなくなります。

もう1つは高級高価格路線です。こちらは人をたくさん雇い、質を高めた富裕層向けのサービスにします。ゆとりをもった分担にして忙しくならないようにし、替わりにおもてなしと最高レベルの接客術、食事のクオリティを極限まで高めていきます。ロボット・人工知能が人間を真似れない点の1つとして「手先の器用さ」があります。定型化されたメニューなら機械化できますが、複雑・柔軟な調理工程は人間のシェフにしかできません。また、人工知能の時代になっても「人の温かさ」を残すおもてなしサービスは残ると思います(富裕層しかサービスを受けられないでしょうけど)。

 

このようにIT技術を活用することで、飲食業界の長時間労働は改善できませんか?飲食業の社長さんには是非考えていただきたいです。

 

 

コメント規約

・広告、犯罪に関する内容、他人が不快になる誹謗中傷コメントは、書き込みは禁止です(削除させていただきます)。

・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)、サイト運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。

・投稿者は、サイト運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が一定文字数含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)