170917

求人情報・面接時と話が違うんだが…。入社後の仕事は重労働が待っていた。

ブラック度:0.00 / 5.00

体験者が悪い!ホワイト企業グレーブラック企業今すぐ労基署!  

クリックで投票!!

未投票です


Loading...

体験談を読んで、この企業・職場のブラック度を投票ください。あなたの1票でブラック企業の悪行が明るみに出ます!(★が多い=ブラック企業 / ★が少ない=ホワイト企業)

面接時と労働条件や仕事内容が違い過ぎる!。ゴルフ場回りでグッタリ…。

ヘッダー画像

体験者
女性・29歳の体験談(営業職)

私が経験したブラック企業は、とにかく入社前と入社後で仕事内容の説明が食い違っていました。

肥料や農薬を扱う会社だったのですが、私が配属になる部門は主にサッカー場や競技場、屋上緑化などの緑化部門になると聞いていました。しかし、入社してみるとそのような取引先は1割未満で、実際はゴルフ場への緑化資材の営業が主な仕事内容でした。

 

ゴルフ場は、街中に位置していることはなく、殆どが郊外にあるため営業を回るにも半日で1つの取引先と会うのがやっと。日帰りで片道4時間のゴルフ場へ向かうこともありました。また、付き合いの長いゴルフ場の人手が足りないと言われれば、深夜3時から出勤し落ち葉を片付けたり、バンカーをならすような簡単な作業を手伝うようなこともありました。それでも、早出手当てや残業代は支給されずじまいでした。

 

そんな状態の中、今までゴルフの経験が無いのにもかかわらず、営業先のコースでプレーをしてみろと上司に言われ、一般の人は半年から一年かけてコースデビューするところを、3ヶ月の自主練習でコースデビューを果たしました。私は高校大学とスポーツをやっていたので、体力的にもなんとか付いていくことが出来ましたが、文系の女性が万が一あの部署に配属になっていたらきっと身体がもたなかったと今になると思います。

 

求人内容や面接時の説明と、実際の入社後配属後の仕事が異なることは結構多い。

みんブラ事務局
みんブラ事務局の所見

このような「聞いていた話と違う!」ということは、日本の会社ではよくある話ですね。「残業が殆ど無いときいていたのに、実際に働いてみたら残業だらけだった」「就業時間が全く違う」「○○職で入社したはずなのに、全然違う仕事をやらされている」「給料の額が求人情報とぜんぜん違う」「残業代は全てつくという話だったが、実際にはつかないことの方が多い」「”アットホーム”や”風通しがいい”などの嘘」などの話は山のようにあります。

よく「ハローワークにはブラック企業だらけ」という話もありますが、本当の真実の労働条件や就労状態を求人情報に書いてしまうと、誰も求職者が来なくなるので、嘘の内容の求人情報を書いて出しているんです。

求人票や掲載求人情報は人を集めるための「広告」のようなものであり、「雇用契約の内容」としての労働条件ではないという盲点を利用しています(労働者と会社で合意した内容が本当の労働条件になる)。面接時の内容や雇用契約時の内容をメモして置いたり、録音しておくことで契約内容の記録にすることができますし、もし労働条件が異なる場合や法令に反する場合は、労働者は雇用契約を破棄することができる権利がありますが、実際にはそこまでやる人は少ないです。スキルの低い労働者は生活のために簡単に雇用契約を破棄できません(他に現実的な選択肢がない)から、足元を見てこのようなインチキ求人票がまかり通っているのが現状なのでしょう。

職業安定法などをもっと厳しくして、このようなインチキ求人票がなくなると良いのですが…。

 

 

コメント規約

・広告、犯罪に関する内容、他人が不快になる誹謗中傷コメントは、書き込みは禁止です(削除させていただきます)。

・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)、サイト運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。

・投稿者は、サイト運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が一定文字数含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)