180221

介護業界の腐ってる体験談まとめ。人手不足、低賃金、悲惨な現状がわかる。

ブラックランク

ブラック度:4.40 / 5.00

体験者が悪い!ホワイト企業グレーブラック企業今すぐ労基署!  

クリックで投票!!

5人が投票中


Loading...

体験談を読んで、この企業・職場のブラック度を投票ください。あなたの1票でブラック企業の悪行が明るみに出ます!(★が多い=ブラック企業 / ★が少ない=ホワイト企業)

問題点だらけで終わってる介護職は相当ヤバイ。残業代ゼロ・セクハラ・暴力・うつ病、全て自己責任。

ヘッダー画像

体験者
男性・28歳の体験談

私が働いていてブラック企業だと思ったのは介護の仕事です。入所型の介護施設に務めていましたが、働いていて報われない仕事だなと強く思いました

残業代がつかないのは当たり前、勤務時間内に仕事が終わらないのは個人の責任とされ、要するに会社が残業を指示したのではないからと常に言われてきました。人相手の仕事なので、その日の仕事量は異なり突発的な病人が出て介抱していても、それは個人の意思でサービス残業をしたということにされました。

 

また、介護施設に入居される人の中には認知症だけでなく重度の統合失調症の方も珍しくなく中にはセクハラ行為をしたり、介護士に暴力を振るったりされる方もいます。上司に相談しても、ケアの方法がまずかったのではないかで話は終了となります。

要はセクラハをされようが、暴力を振るわれようが、その職員の力量不足で片付けられて誰も守ってくれません

 

肉体的にも精神的にも限界となり、この業界では鬱・適応障害・不安障害やパニック発作などを発症する職員も少なくありません。それでも、労災認定をしてくれないケースの方が多くなっています

一応、介護保険制度という行政管轄の業界のはずが、公務員等とは程遠い状態となっています。勿論しっかりとした介護施設も数多くあると思いますが、私の働いた職場はとてもブラックだと思います。

 

介護業界の底なしの闇。人手不足が深刻すぎて、土日の休みは当然無し、人もすぐに離職するのでヘルプで頻繁に部署移動。

体験者
女性・27歳の体験談

私は以前、介護職についていました。地元では、大きな介護施設で、ケアハウスが二件、デイサービスが二件、グループホームが二件、小規模多機能が一件ある会社でした。

私は、デイサービスを志願し、小さな子供がいる為、土日は休みでという条件で入社しました。しかし、働いてみて、最初の1ヶ月を過ぎたら土日の休みはなくなりました

 

それどころか、最初はケアハウス所属にされ、デイサービスの人手が足りない時は加勢に行くという形でした。それでも、せっかく入った会社で文句も言えず、頑張っていたのですが、入社半年目になった頃、グループホームに部署移動することになりました。それから、1ヶ月後にはデイサービスに移動…3ヶ月デイサービスで働いて、ケアハウスに出戻り…毎回、誰かが辞めたり、手が足りなかったりした部署へ回される私

なかなか1つの部署に落ち着けず、慣れることも出来ず、仲良しの職員も出来ず誰にも相談出来ない

 

そのうちに、私はこの会社では都合のいい存在なのかと自暴自棄になる始末。その思いを施設長に伝えにいきました。そしたら、1つの部署に1年はいられるようにしてあげると約束してくれたんですが、働いて1年経った頃、勤務時間に大して社保をつけなければいけないのを忘れていたと、給料から引くからと事務長に言われました。はい、その月の給料はほぼありません。

それからも、夜勤手当てを付け忘れられていたり、給料日に給料が振り込まれていなかったり。給料明細書が給料よりだいぶ遅れてくるなんて、毎度のこと。そんなこんなで、4年勤め、退職しました。

 

激務・夜勤・ストレスで現場は破綻…。勤務状況や人間関係の問題で辞めたい介護士が続出。

体験者
女性・44歳の体験談

介護施設に勤務していたが人手不足で研修時間も特に設けられず、高齢の入居者のベッドから車椅子への移乗もほかの人のまねをしたり自己流になりがちでした。

いつか入居者を転落させないかとこっちはびくびくしながら仕事していると、「2階の入居者10人全員を1階におろしてきて」とほとんどキレ気味に看護師から指示されました。入居者の中には「体が大きく麻痺して動かないので必ず介護者2人で移乗しなければ危ない」とされる方が2名いたので、「手伝ってください」と伝えると「1人で平気よ」とつっぱねられました

また別の時に介護者2名で移乗をやっていたところ、「こんな時間に2人でノロノロやってんじゃない、頭使って仕事出来ないの」と罵声をあびました。

 

夜勤をやってた社員たちは、夜勤開けでも人がいないと16時間まで働き24時間勤務もたびたびしていました

夜勤開けの社員が入居者を誘導した部屋をシーツ交換で訪れたら、入居者は布団もかけられないままベッドに横になってほっとかれていました。他では失禁した部屋が半日たってもそのままだったり、皆自分がやることで手いっぱいで、他の人を助けるまで気がまわっていない感じでした

気難しい入居者がいて自分が好きではない介助者がくるとシッシとやられたり、ひたすら小言を言われ泣かされたパート社員もいたし、「触らないで」と顔をひっぱたかれ辞めた契約社員もいました。

いくら施設長に訴えてもその上のエリア担当者が問題視しない為、業況は変わらりませんでした。私が勤務していた2年間で10人以上、社員やパート、派遣社員がこの勤務状況や人間関係のために辞めました

 

介護職・施設の崩壊寸前の酷過ぎる実態。働き方改革とかどこにいったんだ?

みんブラ事務局
みんブラ事務局の所見

介護業界の実態・現状を赤裸々に書いているブログを読んだことがあるのですが、本体験談に寄せられたような内容も書かれていました。おそらく、1つの介護施設だけというわけではなく、介護業界全体がこのような悲惨な状況なのではないかと推測されます。

「介護職はキツイ」「介護職はやめとけ」みたいな話はよく聞きますけど、ここまでやばいとは知りませんでした。

 

 

コメント規約

・広告、犯罪に関する内容、他人が不快になる誹謗中傷コメントは、書き込みは禁止です(削除させていただきます)。

・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)、サイト運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。

・投稿者は、サイト運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が一定文字数含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)